2020年05月22日

学び

自宅学習、自習が続いてますね。
http://ookuraya.sblo.jp/archives/20200411-1.html

私も取り組んでいますが、何せ
学生以来使っていなかった頭の部分を起こすのは大変で
同時に小学生の子ども3人の面倒もみていると頭がこんがらがってきます。
今読んでるPythonの学習書、高校生?中学生?でも出来るように書いてあるのか
読みやすいんですが基礎学力が問われる内容ですね。


さて、緊急事態宣言が解除され学校へも登校しますが
「独立自尊」の精神で学び将来に向けて進んでいる方には
次の課題が出てくるんですよね。
「そもそも学校て何?」
「自宅でも勉強できるから外に出る必要ないじゃん!!」
これに対して、の答えとして
「友好を深めれる、「たのしい」を共有できる」
「違う価値観と触れ合える」
「自身の考えをぶつけ合い議論ができる」

そういうことが、まぁオンライン授業でも出来ますが
やっぱり外の空気を吸う事は若い頃の方が得られるものが
いや30、40代では味わえない失敗や
早くから挫折を負うことで奮起する力が付くと思います。


なので、Python頑張って子供とプログラミング楽しめるよう取組み中
(きりが良いところで、次は世界的古典を読もうと思います。
 暇なのでよく本を読んでます。偉人の本は学びに溢れてますよ。)
posted by oono at 16:43| 日記

2020年05月16日

衣替え 続き

https://www.nhk.or.jp/school/ouchi/
NHK「おうちで学ぼう」を子供が観てるのを横目に
本日は綴っております。

さて、週末と言えば楽な恰好で過ごすことを念頭に
ユニクロ、しまむら、H&M、Gap最近だとワークマンも入るのかな?
ファストファッションに身を包む人もいれば
スポーツカジュアルの
Munsingwear、LACOSTE、NikeやpumaはSPORTSwearかな
あとは
Ralph Lauren、COMME des GARÇONS・・・・
Luxurybrandがリラックスする人もいると思うと、人の趣向はそれぞれで正解が無いんですよね。

個人的にはFAMILIARを着させてくれた親の気持ちを汲むとすれば
オフでも、シンプルなくらしを上品に過ごせる服で過ごしたいですね。



FAMILIARについて
https://www.familiar.co.jp/about/index.html



posted by oono at 13:04| 日記

2020年05月06日

衣替え

ビタミン不足を補うために日光浴も大事だと
改めて学んだ中の人です。

さて今年の夏も名古屋は暑いんでしょう。
漫画で解説

暑い時期に合わせて夏服の準備を例年通り進めておりますが

着る人の意識も変えることが衣服にはあることはご存知でしょうか?

企業や学校、軍隊・警察などで採用される制服などは典型的で
「同じ制服を着ている者同士の連帯感を強めたり、
自尊心や規律あるいは忠誠心を高めたりする効果が期待される場合もある。」wikipedia参照

組織への帰属心や忠誠心など、軍隊・警察など強固な組織を造るうえで重要な役割を
果たしていると思います。
かの有名なナポレオンもこう言っています。
「人はまとった制服のしもべとなる」


では学生向けの制服ではどうでしょうか?
もう少し絞って日本の学生服・・・どうでしょうか?
皆さんどう思いますか?

「バンカラ・弊衣破帽」なんてぼろぼろの学生服に纏って学校に通っていたり。
「スケバン・ツッパリ」歩きにくそうな、ロングスカートにボンタンで学校へ通ったり。
「コギャル・腰パン」ミニスカートに長い靴下、男子は耳が隠れる長髪にパンツがみえる腰パンで学校通ったり。
今も何かしら生徒からの反抗が行われてると思います。反抗期ですからね。
先生、親御さんの気苦労は絶えません。

でも気付きませんか?みんな学生服着て、学校へ通ってます。
不思議ですよね。何でなんでしょうか??

着る人の意識も変える衣服ですね。不思議です。

まぁ深く考えず、制服を着て学んでいればそこが学校になると思います。

「習うのより慣れよ」

実に日本人らしい考えですね。

posted by oono at 18:07| 日記